女性向けカンタン副業情報

誰もが憧れる副業のさまざまな良いところ

8f3c6339c4cdb8b04b1dba8ff3ebbd1a
仕事をしている人は、皆が収入に見合った仕事をしているとは限りません。
中には「こんなに頑張っているのに給料が安い」、「もっと自分を出し切るためにはどうしたらいいか」など考えた時、浮かぶ言葉は「副業」ではないでしょうか。
一度は考える事がある副業ですが、正社員をしながらの副業となるとなかなか時間や、暇がなく思ったように
仕事が無かったりといろいろ頭を抱えてしまって、踏み出せないでいる人は沢山おられると思います。
また、実際に副業しながら仕事を生業としている身近な人の話なども、なかなか聞けないので、ついつい諦めてしまいがちですよね。
例えば、内職などになると、場所も必要ですし、単価も低く数をこなさないとなかなか収入には結びつかず、結局は疲労だけしてしまいがちです。
では、どのような副業が理想でしょうか。
例えば、理数系が得意なら赤ペン先生なら時間も自分の好きな時間に出来ますし、一定枚数を定期的にこなせば内職以上に収入に結びつく気がします。
また、イラストなど描ける人であれば、挿絵など副業にできるとちょっと空いた夜などに描いたり出来ますよね。

また、デスクワ-クが得意な人はパソコンでライティングなども、根気良くすれば、収入に結びついてきます。
自分の得意な部分を趣味程度に、また定期的に仕事できると、本業の邪魔にならず、また好きなことだと長く続くので、無理なく仕事も進んでいくこと間違いないですよね。
スキルをもし持っていたり、また副業の為にスキルを取るということも楽しく副業を続けるための近道になると思います。
副業のいいところは、無理なくお小遣い程度に、自分で時間や収入を調整できるというところにあると思います。
正職では、時間や日程も拘束されますし、ノルマがある仕事は、そのノルマによって大きく変動しますが、最低収入は確保されるところがいいところです。
ただ、自分が休みたいと思っても休めなかったり、いろんな人と一緒に働いているため、自分ばかりの都合がつけられないのが難点です。
副業は、休んでもいいし、自分の体調に合わせて、好きな時間、好きなだけできる、収入を自分で決めることができるのも大きな魅力の一つではないでしょうか。
また、人によっては副業から転職して本業になる方もおられます。
副業は自分の知らなかった力を引き出すこともあり、天職を見つける事にも繋がることがあります。
思ってもみなかった仕事が自分の大好きな仕事に変わったりもします。
転職はいろんな意味で未知数なお仕事と言えます。

仕事以外の時間にできる副業とは

2c0945eda50d42bf7839f42760f78347
「副業」という言葉に、皆さんはどんなイメージを持っていますか? 
サラリーマンやOLのお小遣い稼ぎ、昼間はオフィスで働いて夜は工事現場などで働くといったイメージでしょうか。

最近の副業事情はちょっと違います。

専門技術のある人は…

広告代理店でクリエイティブ部門に所属する男性は、夜の間時間にパソコンに向かって、クラウドソーシングサイトで自分にできそうな案件を見つけては、作品を作りコンペに応募しています。
これは専門的な技術のいる副業ですが、自分の空いている時間に、自分も持っているスキルを使って稼ぐ立派な副業です。

パート勤めの主婦は…

昼間パートに出ている主婦は、夜子供が寝てからおもちゃのパーツを袋に入れる内職をしています。
最近は新しい内職を見つけるのが難しいので、この会社からの仕事をきちんとこなし、続けていきたいと思っているそうです。
昔ながらの内職という方法も、パートという本業がある場合には副業と言えますね。

50代サラリーマンは…

9時5時の定時仕事を持つ50代のサラリーマンは、3人の子どもの教育費の足しにするために副業を持っています。
偶然に求人広告を見ていて見つけたのが、代行運転のドライバーです。
代行の需要があるのは仕事が終わった後なので、5時に仕事が終わってからできる副業です。
明け方までの勤務になることも多いので、週に2日が限界だそうです。

子育て中の主婦は…

小さな子供を育てている主婦のケースは、副業と言うには本業がないのですが、空いた時間にお小遣い稼ぎをしているので、パートやアルバイトとも違い、副業に近いと言えるでしょう。
子供が幼稚園に行っている時間を利用して、近所に広告のポスティングをしています。初心者でもすぐにはじめられ、自分の開いている時間を利用できることや、自分ひとりでの作業なので、人間関係に悩まされないこともいいとのことです。

会社勤めのOLは…

月曜日から金曜日まではオフィス勤めをしている20代の独身女性は、週末に副業をしています。
派遣会社に登録をしているそうで、イベントの受付業務や、調査業務など週末1日だけでできる仕事があるとき働いています。

このように、いろいろな年齢、立場の人が、それぞれに合った副業を見つけて、追加収入、小遣い稼ぎをしています。

副業をするには、空いた時間が必要になります。
夜遅い時間など家からでられない時間に副業をしたいとなれば、それにはパソコンスキルが必須です。
さらにjavaやウェブデザインといった専門知識があれば、副業探しに有利になります。
平日の昼間や週末などに外に出られる人は、派遣会社に登録をしたり、バイト情報誌で単発のバイトを探すのもいい方法かもしれません。

副業を探しているあなた、まずは自分がどの時間に働けるのか? そしてどんなスキルがあるか? をリストアップするところからはじめてみませんか。

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

タグ

プロフィール

りおたん

新米ママです♡

リンク

[en]仕事さがしはここから始まる
[en]仕事さがしはここから始まる
journal network
journal network

Copyright(c) 2014 女性向けカンタン副業情報 All Rights Reserved.